今週のご予約状況(11月13日~18日)
今週は17日(土)が満席ですが、あとはまだのんびりしております。来週の23日、24日は満席となっております。25日はサグライタリアーナで通常営業はありませんのでお気を付けください。27日からの週はまだまだ貸し切りも可能です!忘年会やクリスマスのご予約もすでに頂いております。小さなお店ですので、12名様からは貸し切りとなります。ご予約などはお早めにお問い合わせくださいませ。
最近男性からのご予約も多くいただいており、記念日のご相談も承っております!プレゼント用のお花の手配もしております。急なお誕生日のお祝いなどにも対応できますので、お気軽にお電話でご相談下さいませ♪また、特別なケーキのご用意につきましては、3日前までにご連絡いただけましたら準備も可能です!

11月25日(日)は毎年恒例になりました【サグライタリアーナ】!!!ベルグ広場で、イタリアンの超専門店が集まって、イタリアの片田舎でよくある、旬の食材や郷土料理のフェスタを開催しますよ~!今年はチプレッソ、イタリアンデリカニミモ、dieci10、オステリアアニカ、トラットリアチリエージョ、薪窯ピッツァ食堂ピッツェリアケンチ、カーザ・ディ・ノンノ、Ceri~Yoshito Sameshima、ILL DUOMO、ザルツェンライン、鹿児島オリーブ、本坊酒造の12店舗、11時から19時となっています♪100席ほどのテーブル、スペース、ワイワイ立ち飲み、そしてお持ち帰りももりだくさん!ぜひぜひ楽しみに食べて、飲んで、イタリアを満喫しましょう♪♪♪

今年のチプ☆クリスマスは12月22日~24日です。24日は定休日ですが、祝日でスペシャルな日なのでもちろん一年に一度のステキな夜を過ごしていただくために営業いたします。
まだ詳細は決まっていませんが、ご予約も少しずつ入ってきております。クリスマスの特別な夜をチプレッソで♪と思っていらっしゃるアナタ、お電話でお問い合わせください!

イタリアのクラフトビールが多数入りました♪なかなかお目にかかれない、イタリアの地ビール、ダブルモルトやトリプルモルトなど、ビール好きにはたまらないラインナップです!!!なんと22種類も!!!!飲み比べがめちゃくちゃ楽しみですよ♪また調子に乗って、土着ブドウやBIOワインをあれこれ注文しまして、やっとワインリストを整理しました。なんとただいま90種類のワインを常時ご用意しています!もちろん相変わらずのリスト外のワインも。。。ご予算に応じてのペアリングもリクエスト承ります♪お気軽にお申し付けください!

深まる秋、世界イタリア料理週間にあわせて、いろんなイタリアの週のお料理を楽しみませんか?
前菜は【仔牛のトンナートとネルベッテ】。ピエモンテ料理の定番仔牛のトンナートは平たく言えば仔牛のローストビーフにツナのソースをかける前菜。それに同じ仔牛のすね肉を使うロンバルディアのネルベッティというサラダをあわせました。
プリモはフリウリ・ヴェネチア・ジュリアの【カボチャのニョッキ】。本当は肉団子より大きな塊なんですけど、お腹いっぱいになってしまいそうなので、形は普通のニョッキにしました。こちらを燻製したリコッタチーズをたっぷりかけて♪もう一つはイタリアで唯一辛い物をよく食べるカラブリアの【志布志であがった生シラスと唐辛子のロザマリーナのキタッラパスタ】。カラブリアの唐辛子は辛いんですけど味が豊かで超癖になるんです。今回は鹿児島でもあがる生シラスに唐辛子をまぶして発酵させるロザマリーナソースをからめてみました。もちろん辛すぎるとびっくりしちゃうから、釜揚げシラスもたっぷりいれて鹿児島らしさもプラスしちゃいます!
アチェロコースの魚料理はカンパーニャの定番【アクアパッツァ】。お魚料理の定番として日本でも有名ですよね~!魚王国鹿児島の、市場から目利きの魚屋さんに持ってきてもらう白身の魚にタカエビをたっぷりいれて、魚の出汁がこんなに美味しいのかっ!!!と衝撃を受けてくださいませ♪そしてお肉はイタリアの一番北にあるトレンティーノ・アルトアディジェ地方でよく食べるという【鴨の燻製のロースト】。これにイタリアの11月といえばオリーブの収穫時期だから、そのピュレをソースにしました。
チプレッソコースのほうは魚料理がシチリアのマグロ料理を鹿児島の秋には欠かせない秋太郎でアレンジした【秋太郎と玉ねぎのチプダッタ】。本来はたっぷりの玉ねぎのソースで頂くんだけど、今回は玉ねぎでフランをしました♪お口直しのシャーベットのあとは、お肉料理へ!久しぶりの熊本のエコメ牛でシンプルに【タリアータステーキとポルチーニのソテー】。ポルチーニってトスカーナや隣のウンブリアでよく食べるんです。他のところでも獲れるんだけど、そこまでポルチーニに熱狂的な情熱を持っていないみたいなの!もちろんシンプルなステーキは赤身そのもののエコメ牛!!!この赤身肉、おかわりできちゃうくらい美味しいのよ!
ドルチェは冬のイタリアには欠かせない栗を使います。トスカーナ北部の、実は地味だけどみんな大好きな【ネッチをミルフィーユで】。ネッチって、フィレンツェから北に一時間くらいいったピストイアっていう町の山間部のものなんです。お菓子屋さんとかでは売ってないし、レストランでも食べれないし、今となってはほんとうに村祭りとかそういうのでしか食べない、ほんとうに素朴な栗の粉のクレープ。それに羊のリコッタを薄く挟んでいただくんだけど、今回はそれをミルフィーユにしました♪栗のジェラートとあわせますよ。こういうのには食後酒、アマーロもいかが?

お急ぎのお問い合わせはil_cipresso@docomo.ne.jpまで!